最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

記事を検索する

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

淡路島に続々とオープンする、観光スポット!!

Go to キャンペーン効果で、九州では週末を中心に、観光地や温泉街の宿泊施設がほぼ満室になっているんだそうです。徳島でもリゾート気分が味わえる宿泊施設には、県内外からの予約で部屋の稼働率は急回復、駅前のビジネスホテルでも帰省客を中心に、今月はほぼ満室のところもあるようです。

 

関西からの日帰り需要で人気上昇が淡路島の観光スポット!週末は明石大橋を渡ってくる家族連れなどで大賑わいとなっています。新しい観光スポットもさらに増えて、益々ヒートアップしている様相!地元の住民にとっては、ちょと心配な一面もあるようですが・・


そごう徳島店、閉店まで1ヶ月

8月に突入、そごう徳島店の閉店まで、あと1ヶ月を切りました。9月以降の全体像は未だに???なんですが、地下の食料品店や有名ブランド店などが戸別に在留意向を表明するなど、水面下での動きは日ごと活発になってきているようです。駅前の一角を占める大型建物だけに、賑わいが消えることなく、活性化を図ってもらいたいものです。


キヤノンでも、四半期決算は赤字転落に!

 

 

キヤノンの四半期(2020年4〜6月)連結決算は、純損益が88億円の赤字(前年同期は345億円の黒字)に転落し、四半期ベースで初の赤字になった!という発表が。

 

新型コロナウイルス感染拡大による在宅勤務の増加で、営業力低下や取引先企業の休業・業務時間短縮などによる事務機などの販売が落ち込んだのがその要因かと。催しの中止などでデジタルカメラの売り上げなども低迷し、売上高は前年同期比の3/4だった模様です。

 

ちなみに20年6月中間決算は売上高が前年比17.8%減の1兆4556億円、純利益は80.1%減の130億円だったということで、大企業の業績にも、新型コロナの影響が色濃く滲んでくるようになってきました。


数十年に1度の、記録的豪雨

この週末に熊本県南部で発生した大規模水害、球磨川流域で3時間に200mm以上という記録的な大雨が降り、川のキャパシティをオーバーして大洪水が発生、ピークが夜半から明け方にかけてという時間帯だったこともあって、多数の人的被害が発生しています。

 

おりしも昨日と今日は、かつて大きな被害をもたらした九州北部豪雨・西日本豪雨の2年目・3年目。この時期、数十年に一度の大雨が毎年どこかで降るという事を肝に銘じておかなければ・・・


7〜8月の営業日

東京オリンピックが延期になっても、祝祭日はそのまま!ということで、週休5日制の職場では7月の営業(稼働)日が21日、8月(盆休みの取り方次第なんですが、弊社の場合12~15が休日)は17日、という事になります。

 

今年は阿波踊りも中止ということで、静かな夏になりそうな気配。熱中症に注意して、暑さを凌ぐのにはちょうどいいのかもしれませんが・・・


今日から、マイナポイントが始まる

7月1日(すなわち、本日)から、マイナポイントがスタートします。

 

キャッシュレス決済手段とマイナンバーカードを連動させることにより、決済(又はチャージ)額の25%(上限5,000円まで)を還元するキャンペーンです。

 

今日から登録できる決済手段は

 

FamiPayメルペイICOCAオリコカードエポスカード・ゴールド・プラチナカードau PAYゆうちょPayPayPayワールドプレゼント SMBCポイント

J-Coin PayWAON楽天カードイオンカードあきぎんVISAカードLINE Pay

 

などなど!

 

これから登録されるところもあるんですが、どれかをマイナンバーカードと連動したら変更はできないんで、一番お得なところ(プラスアルファーでお得になる決済手段があります)をよく研究してみてはいかがでしょうか?


「キャッシュレス決済、5%ポイントバック」は、今月末で終了!

キャシュレス決済の普及を目指して昨年の秋に始まった「5%ポイントバック制度」が、今月末で終了します。利用される方は、Yahoo Shopにて、お早めに!

 

最終受付は、6月30日(火)午前中とさせていただきます。


金属機械製造業界の動向

ここ数日、週末の人手とか新幹線・航空業界の賑わい復活やらで、一連のコロナ騒動が収束しつつあるようなマスコミの報道ばかりが目立つんですが、モノづくりの世界はチョットばかり温度差というか時間差があるようです。

 

弊社となじみが深い鉄工所や鋳造・鍛造工場の操業状況は

 

4月・・何某かの受注残を抱えながら、残業を減らしつつ通常操業

5月・・GWの休みもあって、受注残が減りつつも、普通に通常操業

6月・・受注残が無くなって、7〜8月の仕事を先取りしながら、何とかギリギリ通常操業

 

ということで、これから先に次の受注が無いと、7〜8月は操業短縮せざるを得ない工場が多い!というのが実情ではないのかと。中には今月、あるいは既に先月から操業日数を減らしている工場もチラホラと!

 

特に海外依存が高いメーカーの協力工場は、親会社の新規受注頼みなんですが、新規受注の営業を在宅・オンライン会議で!と言われても、それはチョット無理ですよ!


国内経済が始動開始?

航空便や高速バスなどの増便に加えて、先週末に「県境をまたいでの移動自粛」要請が解除され、同時に高速道路の休日割引も復活し、ということで、この週末は人出・車両の通行量ともに、制限前の状況を思わせる復活ぶりでした。

 

一昨日の土曜日はちょうど20日という事で、イオンの割引日と重なり、天気にも恵まれたこともあって町内の道路は終日渋滞気味!更に昨日は「父の日」ということもあってか、駐車場がある小売店では、交通整理をするガードマンの姿も!

 

もちろん既に給付金10万円が振り込まれた人たちにとっては、絶好のストレス解消のチャンスになったのかもしれません!


株価の上昇と実体経済との乖離

コロナショックから一時休止状態となってしまった世界経済、もちろん日本も例外ではありません。当然のごとく株価も暴落し、日米ともに連日の下落から底を打ったのはつい最近の事だったんですが、その後は予想に反して一本調子で上昇し、かなりな水準まで回復しています。

 

かつて株価は、6ヶ月後の実体経済の指標と言われていたこともあったんですが、世の中の状況がわずか6ヶ月で株価が示すようなコロナ前に近い状況まで戻るということは、チョッと考えにくいことは明らか!今は株式取引がITを駆使したコンピュータでの取引となっていて、上がっても下がっても利益が確保できるような機関投資家の世界になっている、という事のようで!

 

シロウトが下手に手を出すと痛い目に合う!という事については、昔と変わっていないのかも?

 

 


| 1/21PAGES | >>