最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

記事を検索する

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

福島県郡山市の「しゃぶしゃぶ温野菜」で爆発事故

昨日、福島県郡山市の「しゃぶしゃぶ温野菜」で爆発事故が発生し、死傷者十数名、かなりの広範囲で大きな建物被害などが発生したようです。SNSやTVニュースで見る限り、設置されていたLPガスのボンベまでもが吹き飛ばされるという規模の大きな爆発事故になってしまったようで、道向かいの銀行のスタッフの方や、ちょうどその時にATMを利用していた方が重軽傷を負おうという大惨事に!

 

ニュースの内容などから、

・休業中の店舗を改装工事中で、近々完成し、オープンする予定だった

・前日に、当初は予定していなかった「ガスコンロをIH(電気)コンロに変更する工事」を急遽実施した

・その近くに、電気のコンセントを増設した

ということのようでした。

 

ガスコンロをのけるときには、当然ガスの配管をコンロから外すはずで、外した後の配管の処理を、誰がどのようにしていたか?あたりが現場検証の大きなポイントに!「業務上過失致死」という犯罪行為を引き起こしただけに、その責任は重大です。


ただよりも安い「原油」

20日の米ニューヨーク商業取引所では、原油価格の指標となる5月の米国産WTI原油の先物価格が、なんと1バレル=マイナス37・63ドルと、史上初めてマイナス価格で取引を終えました。新型コロナウイルスを抑え込む対策で世界経済が停滞していて、エネルギー需要の急減で原油供給が過剰になっており、原油を貯蔵するスペースが限界に達しつつあるという背景が、その大きな要因に。

 

原油そのものも過剰となっている中で、急激に需要が減少しているのが航空機用のジェット燃料です。国際線(国内もですが)の運航率が大幅にダウンしている状況下、原油を精製すると一定量はできてしまうジェット機用の燃料を「貯蔵しておくところ(タンク)が無い!」ということに!

 

6月の先物については、今のところそこまでの暴落にはなっていないんですが、ゴールデンウイーク以降の世界情勢は未だ不透明なだけに、何とも見通しが立ちません!


スマホの充電が年一回に?

 

今朝の日経産業新聞から。

 

NTTが、スマホの信号処理に「光」を使用することによって、消費電力をこれまでの1%程度に抑えることができる「光トランジスタ」を開発したとのこと!それが実用化されれば、スマホの充電は、年に1〜2回という事も可能になるんだとか。そうなったら、充電しようとして「あれ、スマホの充電ケーブル、どこにしまったっけ?」みたいなことになるのかも。さらに進化していく科学技術、遅れないようについていくのが大変です。


サウジの石油施設が攻撃される

中東サウジアラビアの石油施設が「何者」かに攻撃されて損傷を受け、生産量が半減するというダメージを受けました。この設備で生産される石油の世界的シェアは、たかだか5%なんですが、ニューヨーク市場の原油価格はあっという間に15%も急騰!

 

日本の商社・石油元売りは、数量・価格ともに安定調達を念頭に長期契約を結んでいるので、明日からガソリンの価格が一気に!などということはないんですが、政治的要因でイランからの輸入量を減らしてどちらかというとサウジ代替的な対策が進んでいた矢先の出来事だけに、サウジが発表した「短期回復」となることを願うばかりです。


進化する住宅設備 〜 浴室やトイレのセンサーで異常感知 〜

 

入浴中のトラブルや体調急変で救急搬送されるケースは意外と多いんですが、家族がいても気が付くのはかなり時間がたってから、ということがよくあるようです。一人住まいとなれば、なおさらのこと!こういう状況をセンサーで検知して、浴室外に知らせる「風呂場見守りシステム」が開発されました。給湯器のリモコンとセンサーを組み合わせて検知・警告するという「IT技術のコラボ」商品です。

 

風呂場でなくても独居老人宅などには、トイレのドアが一定時間以上開閉しなければ登録先へ通報するといった「見守りシステム」が段々と普及しているようで、「普通の生活状態」から逸脱した行動で異常を察知するシステム、益々進化しています。


ガソリンスタンドに、コインランドリーやスタバ、CVSがあったら?

石油元売りのJXTG(ENEOSマークのガソリンスタンド)は、セルフスタンドを新しいブランド「Enejet(エネジェット)」としてフルサービス店とは一味違った展開をめざすべく、

・コインランドリーの併設

・スタバとのコラボ

・コインランドリ運営業者とのタイアップ

・カーシェア事業

などなど、これまで取り組んでいなかった「業態」と合わせてサービス向上を目指すんだそうです。

 

ここへきて顕著になってきている少子化(若者の車離れ)や、エコカーの普及で縮小傾向にあるガソリン需要の減少に対応すべく給油所改革には、人気がある異業種との協調が必要!ということのようで!

 


スプレー缶のガスを室内に放出する!

先日、札幌でのガス爆発・火災事故の状況が段々とわかってきました。

 

1、不動産屋の室内で、未使用の消臭用のスプレー100本以上を意図的に放出した。

2、その作業者がいったん外へ出て、手を洗おうと給湯器を作動させたら、そのガスに引火→爆発(瞬間には火災は発生せず)

3、爆発の衝撃で、隣の飲食店のLPガス設備(配管?)が破損して、LPガスが放出されて、ガス臭が漂う。

4、これらに何等かの火種から引火し、飲食店が全焼。

 

ということで、2と3の間に若干の時間があり、その間に飲食店2階の床が抜け落ちて、2階にいた人が一気に非難することができたという、絵にかいたような「不幸中の幸い」事故だったのかと。

 

スプレー缶の成分についても、表示と中身とが違っていたというような情報もあり、今後の捜査が待たれるところです。


ガス爆発か?札幌の事故

昨夜、札幌豊平区で40名を超える重軽傷者を出した火災事故が発生しました。休日の夕食時間、おりしも忘年会シーズンということで、繁盛していた飲食店が火元のように報道されています。直前に周辺でガス臭が確認されていて、爆発的な出火が起こったことからも、何らかの原因で漏れていたガス(都市ガスなのか、LPガスなのかは定かでありませんが)に引火した可能性が大きいようです。

 

これだけ安全装置が普及している状況下、なぜこのような大事故が発生したのか?今後の捜査が待たれるところです。普通ではちょっと、考えられないんですが・・・


ガソリンの価格

いつの間にか150円台半ばまで上昇していたガソリンの価格ですが、今月に入ってからジワジワと値を下げて、会員価格で150円を切るガソリンスタンドも見られるようになってきました。電気やガス代は、原料費調整で今月から値上がりするところが多いという状況とは、真逆の展開に!


太陽光発電、発電抑制を検討  〜 九州電力 〜

九州電力は、発電量がピークとなる時期に、太陽光発電所からの電力供給を制限することを検討しているんだそうです。毎年、太陽光発電量がピークになる5月前後の晴れた日の昼間には、太陽光発電所からの発電と電力需要量との兼ね合いで、自社発電所からの供給を減らすことにより電力供給量調整をしているんですが、これがうまくいかないと、先日の北海道みたいな「大規模停電」に陥る危険性があるとのこと!

 

九州は山間部を中心に、太陽光発電に適した気候・立地条件に適したところが多く、メガソーラが相当数あるわけで、これらについて電力抑制をかけようというもの!電力抑制装置がついていない家庭用の発電設備については、対象外(にしないと、抑制のかけようがない)ということです。


| 1/13PAGES | >>